利用者がお勧めする不用品回収
あなたにピッタリのプランがきっと見つかります

利用者がお勧めする不用品回収
あなたにピッタリのプランがきっと見つかります

エコノバ

↓↓↓お申し込みはこちらから↓↓↓

↑↑↑お申し込みはこちらから↑↑↑

「エコノバ」は、会員登録不要・利用料0円で不用品・ゴミ回収業者に一括査定依頼ができるサービスです。 北海道から沖縄まで、全国各地にある不用品回収業者を一気に探せる上に5社まで一括見積もりを申し込めるので、効率よく不用品・ゴミ回収を行いたい人にオススメです。 自分でサイトを探して業者に連絡する必要がなく、まとめて見積もりや問い合わせができるため「とにかく早く信頼できる不用品・ゴミ回収業者を見つけたい」「どの不用品・ゴミ回収業者を選んでいいのかわからない」などの悩みもエコノバが解決してくれます。 見積もり依頼までは簡単3ステップ。公式サイト内の地図メニューから希望のエリアをクリックし、都道府県以下の住所と依頼内容を選択して「無料査定スタート」ボタンをクリックします。 その後、住所・氏名・連絡先などの情報および詳しい依頼内容を入力したら「以上の内容で送信する」をクリックするだけで、見積もり依頼は完了です。 詳しい作業方法や見積もり依頼の仕方がわからない場合は、コンシェルジュへの問い合わせも可能。 通話料無料のフリーダイヤルかつ24時間365日対応なので、時間を気にせず納得がいくまで問い合わせができます。  

会員登録不要で不用品・ゴミ回収業者が探せるエコノバ

「断捨離してたくさんの不用品とゴミが出て処分に困っている」 「引っ越し時に出た不用品を粗大ゴミとして捨てるのがめんどくさい」 「不用品を買い取ってもらいたいけど、どの業者に依頼すれば良いのかわからない」 エコノバは、こんなお悩みを抱えている方にぴったりの”不用品回収・お片付け業者一括見積もり”サービスです。 厳しい審査基準や規約をクリアした安心・安全・親切・信頼の専門業者の中から、自分に合った不用品回収・お片付け業者を探せます。

エコノバは不用品回収・お片付け業者の比較&見積もりが一気にできる

エコノバの強みと言えば、やはり会員登録不要&0円で複数の不用品回収・お片付け業者に見積もりが依頼できるところでしょう。 自分でわざわざ業者サイトをじっくり見て検討しなくても、エコノバは不用品回収を希望するエリアと簡単な依頼内容を入力するだけで、営業圏内にある不用品回収・お片付け業者を最大5社の見積もり金額を一度に比較できます。 エコノバは完全無料で使えるサービスなので、仲介料などを請求されることはありません。 見積もりを検討した結果、エコノバ経由で不用品回収・お片付け業者を利用しなかった場合でも利用料などはかからないため、安心して利用できます。

エコノバ無料見積もり&問い合わせの流れ

まずは公式サイト内にある「カンタン1分!不用品おかたづけの無料見積り査定」の申し込みフォームに必要事項を入力し、「無料査定スタート」の赤いボタンをクリックします。 その後はエコノバが、選んだエリアや作業内容に合わせて対応可能な業者を最大5社まで自動でピックアップしてくれます。 ※エリアや希望する作業内容によって利用可能な業者が5社に満たない場合もあります 上記の画像のように、青いチェックマークが付いている業者に見積もりを依頼することになるので、この時点で見積もり依頼を希望しない業者のチェックは外しておきましょう。 ここまで(対応可能業者を確認するところまで)は個人情報を入力しなくても確認できるので、本名や住所の入力に抵抗がある人も安心です。 見積もりや問い合わせを希望する業者が見つかった場合は、お客さま情報の入力フォームを埋めていきましょう。 住所・氏名・電話番号や希望の作業日などを入力し、「個人情報の取り扱いに同意します」にチェックを入れて「以上の内容で送信する」ボタンを押せば見積もりと問い合わせは完了です。 あとは業者からの連絡を待つだけ。価格やサービスを比較して、気に入った業者に正式に申し込みをすればOKです。

エコノバ公式チャットボットでの問い合わせも可能!

もしもお問い合わせフォームの入力でわからないことがあった場合は、チャットボットの使用をおすすめします。 ボットが選択肢を提示してくれるので、自分の状況に近い選択肢をクリックしながらLINE感覚で問い合わせが完了します。 もちろん途中でキャンセルすることもできるので、より気軽に見積もりや問い合わせをしたい方にぴったりの機能です。

エコノバ無料見積もり&問い合わせ申し込み後の流れ

無料見積もり&問い合わせ後は、エコノバから見積もりが届くのではなく、不用品回収・片付け業者から直接、見積もり(査定の結果)の連絡がきます。 不用品回収・片付け業者からの連絡がいつ来るかは業者によって異なるため、すぐに連絡がくる場合もありますが、数日後に連絡が来る可能性もあるそうです。 もしも対応を急いでいる場合は、無料見積もり&問い合わせ時にあらかじめ「即日対応希望」「なるべく早めの対応を希望します」などと一言付け加えておくと良いでしょう。 エコノバはいわゆる不用品回収・片付け業者の一括比較サイトですが、営業連絡は自分が見積もり・問い合わせ時にチェックを入れた業者からしか来ないので安心です。 もしもチェックを入れた業者からの営業電話がしつこい場合は、「今他の業者と検討しているので、お願いする場合はこちらから折り返します」とハッキリ伝えましょう。

エコノバ経由の成約で最大5,000円のギフトカードがもらえる

現在エコノバ では、サイトを経由して不用品回収・片付け業者を利用すると、最大5,000円分のギフトカードがもらえる成約キャンペーンを実施しています。 詳しくは見積もり・問い合わせ時に「成約ボーナスについて知りたいです」と連絡してみましょう。 さらにお得に不用品回収・片付け業者を利用できるチャンスです!

エコノバの得意分野

1.家電処分

不用品の中でも、処分に悩む人が多い家電処分。 家電の種類によっては粗大ごみとして捨てられないなど、処分方法に細やかな規則が設けられているケースも珍しくありません。 特にエアコン、テレビ、冷蔵庫(冷凍庫を含む)、洗濯機(衣類乾燥機を含む)の4品目は基本的に自治体で処分できないので注意が必要です。 最近では不要になった家電を引き取り処分してくれる家電量販店も増えていますが、対象商品の購入が必須であったり、会社や事業所などで使用されていたものは処分してもらうことができなかったりします。 しかし、不用品回収・片付け業者に家電処分を依頼すれば、自宅まで家電を引き取りに来てくれるため、自分で重たい家電を運ぶ必要がありません。 ほとんどの不用品回収・片付け業者は個数制限なく家電を回収してくれるので、法人の方には特におすすめ。 さらに、不用品回収・片付け業者の比較&見積もりが一気にできるエコノバを使えば、面倒な業者探しや分別を一切行わず、効率よく家電の丸投げ処分ができます。

2.家具処分

引越しや年末の大掃除、部屋の模様替えなどを終えたあと、「不要になった家具を処分したいけれど、どうすればいいのか分からない」と思っている人も多いのではないでしょうか。 家具処分にはさまざまな方法やルールがあり、大型の家具などは木製であっても燃えるごみとして捨てることはできません。 一般的にはゴミ処理券を購入し、粗大ゴミとして捨てるケースが多いようですが、大型家具であるベッド・ソファー・棚などは家から運び出すのも大変です。 そんな時には、エコノバを使ってリーズナブルかつ安全に家具を処分してくれる業者を探しましょう。 場合によっては、中にはまだ使えそうな家具だった場合、買取をしてくれる不用品回収・お片付け業者もあります。 すべての業者が買取可能とは限りませんが、もし買取が可能であれば処分費の節約に繋がります。

3.ゴミ屋敷の片付け・清掃

自分の家や身近な人の家がゴミ屋敷になってしまった場合、どこから手を付ければいいのか分からなくて困っている方が多いはず。 ゴミの処理や掃除用具の購入には時間とお金がかかる上に、異臭を感じたり虫が出たりする可能性もあります。 そんな時は、エコノバを利用してゴミ屋敷の片付け・清掃が得意な不用品回収・片付け業者に片付けを依頼しましょう。 面倒なゴミの分別や汚物の処理も丸投げでOKな上に、作業時の立ち合いが不要のケースも多いので、まとまった時間が取れない方でも安心です。 また、業者に片付けを依頼するとプロが作業を行うため、自分で片付けるよりも短時間で部屋がキレイになります。 消臭作業不用品の買取も同時に行ってくれる不用品回収・片付け業者も多いので、効率よくゴミ屋敷の片付け・清掃を終わらせたいのであればぜひ利用すべきでしょう。

4.遺品整理・生前整理

エコノバでは、遺品整理・生前整理が得意な業者を探して一括見積もりができます。 遺品整理と生前整理は業者によって対応価格が異なり、作業内容についてもばらつきがあるのが現状です。 エコノバでは、見積もり・問い合わせ時に「依頼決定時のポイント」を選択するため、「価格を優先したい」「対応スピードを優先したい」「日程を優先したい」「内容と対応を優先したい」など、利用者のニーズに合わせた遺品整理・生前整理業者をピックアップしてくれます。 遺品整理・生前整理業者の中には法外な料金を請求したり、本来必要ないはずのリフォームやハウスクリーニングの押し売りを行ったりする悪質な業者もいるので要注意。 エコノバに登録されている遺品整理・生前整理業者は全て厳しい審査をクリアしているため、ネット上の偏った情報だけで選ぶよりも安心で効率的に業者探しができます。

5.法人向け不用品回収・片付け

事業所や店舗などで不用品が出た場合、処分に困ってしまうこともありますよね。 特に、予期せぬ大量の不用品が出たときには、置き場の確保だけでも大変です。 そんな時には、登録不要かつ無料で利用できるエコノバの簡単一括見積もりを利用してみましょう。 一般家庭用の物や少量の不用品であれば、家庭ゴミと同じ要領で行政に回収してもらえる可能性はありますが、事業所などで出る不用品については多くの行政で回収の対象外となっています。 法人から出るゴミは一般廃棄物か産業廃棄物のいずれかに分かれますが、通常、法人ゴミとして扱われるのは産業廃棄物です。 一般廃棄物は、大量にまとまることがなければ行政が回収する可燃ゴミや不燃ゴミ、または粗大ゴミとして出すこともできます。 しかし、産業廃棄物は適切な処理をともなうものが多く、量に関係なく処理業者に依頼する必要があります。 不法投棄と判断されてしまうと、「廃棄物処理法第25条」によって5年以下の懲役または1000万以下の罰金が科される場合があるため注意が必要です。 場合によっては懲役と罰金の両方の刑が処されるケースもあり、法人が不法投棄を行った場合の罰則は、さらに厳しい3億以下の罰金刑となります。 このようなトラブルを避けるためにも、法人向け不用品回収・片付けは専門業者に処理してもらうことをおすすめします。 また、机や椅子、会議用テーブル、書棚にロッカーなど、オフィスで使用される一般的な家具類は買取の対象となる可能性があるので、買取も可能な不用品回収・片付け業者を選ぶとなお良いでしょう。

6.イベント廃品の回収・片付け

展示会やお祭りなどのイベントでは、大量のゴミが出ます。 ゴミの分別や処理が適切ではない場合、多くの人に迷惑がかかってしまいクレームの原因にもなりかねません。 スムーズにゴミを処理するためには、エコノバで事前にイベント廃品の回収・片付けが得意な業者を探しておくことをおすすめします。 イベントで排出されたゴミは事業系廃棄物に該当するため、原則一般ゴミや粗大ごみに出せません。 普段一般ゴミとして捨てているペットボトルと同じものであっても、イベントで出た場合には事業系廃棄物として処理しましょう。 イベント会場の近くにある一般ゴミの収集場所を利用するケースもありますが、たとえゴミの分類やごみ出しルールを守っていたとしても、イベントのゴミを一般ゴミとして捨てるのはNG。 事業系廃棄物の捨て方は処理施設に持ち込むか、業者に処理を委託するかの2つの方法がありますが、ゴミの分別には時間がかかりますし、持ち込むための車両も準備しなくてはいけません。 ゴミの量にもよりますが、手続きや持ち込み前の分別など、時間と手間がかかってしまいます。 効率的にイベント廃品の回収・片付けを終わらせたいのであれば、やはり専門業者に対応してもらうのがおすすめです。

7.引っ越し時の不用品回収・処分

エコノバでは、引っ越し業者を探すこともできます。 不用品回収・片付け業者と同じく登録不要&無料で一括見積もりが可能なので、引っ越し業者の比較検討にもしっかり役立ちます。 また、不用品回収サービスを行っている引越し業者に作業を頼むと、自分で自治体の粗大ゴミ回収券を購入したり重い荷物を運んだりする必要がありません。 また、買い取りまで行っている引っ越し業者だと、リサイクルショップやネットオークション、フリーマーケットなどに不要品を出す手間も省けます。 しかし、引越し業者は基本的にゴミ処理業者ではないため、不用品回収・処分には対応してくれても、一般家庭ゴミは回収してもらえない可能性が高いです。 生ゴミをはじめとする生活ゴミは、引越し前か引越し作業後に自力で処分する必要があるので注意しましょう。

サービス内容

対応地域
最低料金
区分 ゴミ屋敷, 不用品買取, 法人対応, 生前整理, 遺品整理,
不用品買取

\ご利用者様の声を集めました!/

口コミ

対応エリア: 千葉, 年齢: 50代, 性別: 男性

引越し前に不用品の回収をしてくれる業者を探していたところ、エコノバさんにたどり着きました。
自分で時間をかけて業者を調べるより遥かに効率的なので、もっと早く利用すればよかったです。
3社に見積もり依頼をかけましたが、一番料金が安い不用品回収業者に決めました。
対応も申し分なく、満足しています。

対応エリア: 東京, 年齢: 40代, 性別: 女性

エコノバで探した業者さんに、ゴミ屋敷になっていた娘のアパートの部屋を清掃してもらいました。
比較サイトは使ったことがなかったのですが、いちいち自分で複数の業者に連絡をする必要がなく、思っていたよりも簡単にゴミ屋敷清掃が完了しました。
一人暮らしで地方に行っているため立ち合いが難しかったのですが、ビフォーアフターの写真を送ってくださったので安心できました。

↓↓↓お申し込みはこちらから↓↓↓

↑↑↑お申し込みはこちらから↑↑↑