一人暮らしに不用品回収は必要?メリット・デメリットまとめ

自宅でいつでもおいしい水が飲める不用品回収。スーパーやコンビニにわざわざ水を購入する必要がなく、ボタンひとつでお湯も出てくるので、コーヒーやカップラーメンを作る際に便利です。

 

最近では小型かつリーズナブルな料金で利用できる不用品回収も増えており、利用を検討している人も増えてきました。

そこで今回は、一人暮らしで不用品回収を利用するメリットやデメリットについてご説明します!

 

一人暮らしで不用品回収を利用するメリット

一人暮らしで不用品回収利用するメリットは、大きく分けて以下の5つ。

 

・自宅でいつでもおいしいお茶やコーヒーが飲める

ここ最近、自粛やリモートワークで家にいることが増えた人は、自宅でお茶やコーヒーを飲む機会も増えたのでは?

不用品回収があれば、いつでもすぐにお好みのアイス・ホットドリンクを楽しむことができます。

・ペットボトルの水を買わなくて済む

お水をスーパーやコンビニで購入すると、ほんの2~3本でも結構な重さを感じますよね。

また、外出のたびにペッドボトルのお水を買っていると、意外とお金がかかるもの。飲みきれずに捨ててしまうことだってあるでしょう。

しかし、ウォーターサーバがあればお水を外で買う必要がなく、節約やゴミの削減にもつながります。

・急な来客があっても安心

「予定外の来客で、ストックしていた飲み水が足りない!」「お客さんに出せるような飲み物がない」なんて時にも、不用品回収があれば安心。

急な来客があっても、いつでもおいしい水やお茶を出すことができます。

・カップラーメンやインスタント食品がすぐ作れる

お湯を使うカップラーメンやインスタント食品が作れるのも、不用品回収を利用する大きなメリットです。

ケトルやポットでお湯を沸かして容器入れる必要がなく、ボタン一つでお湯を直接容器に注げるので、めんどくさがり屋な人にはかなりおすすめ。

・お水の置き場所に困らない

「水をケース買いしたはいいものの、重たすぎて部屋の中に運べない」「部屋に大量の水を置くスペースがない」と困っていませんか?

不用品回収があれば、水の置き場所や重さを気にすることなく、好きな時に好きなだけ水が飲めちゃいます。

 

一人暮らしで不用品回収を利用するデメリット

では次に、一人暮らしで不用品回収利用するデメリットをご紹介します。

・自宅で過ごす時間が短い人はコスパが悪い

せっかく不用品回収を設置しても、利用する人がいなければ意味がありません。

仕事や趣味で家をあけることが多い人は、不用品回収を設置するメリットがあまり感じられないでしょう。

・お湯をあまり使わない人は便利さを感じにくい

いつでもすぐにお湯が出てくることが不用品回収を利用するメリットの1つですが、そもそもお湯をあまり使わない人は便利さを感じにくいかもしれません。

・水分をあまりとらない人は水が飲みきれない

不用品回収の便利さに惹かれているものの、水分をあまりとらない人は配達されてくる水を飲みきれない可能性があります。

しかし、配送をスキップしたり、一時休止したりできるサービスを行っている業者も多いので、一人暮らしの場合はあらかじめチェックしておきましょう。