ワンウェイ方式とリターナブル方式のメリットとデメリット

不用品回収の情報を集めていると、必ず「ワンウェイ方式」「リターナブル方式」という文字を目にしますよね。

実はこの2つ、不用品回収を比較検討する上で意外と重要なポイントなのです。

今回は、このワンウェイ方式とリターナブル方式の違いやメリットについてご説明していきます。

 

ワンウェイ方式のボトル・宅配の特徴

ワンウェイ方式(ワンウェイボトル)は、水を消費するごとに空気が減り、最終的に潰れるタイプのボトルのこと。いわゆる「使い切り」タイプですね。

ワンウェイ方式のボトルは、使用後に小さく潰して資源ゴミや燃えないゴミとして処分することができるので、業者に引き取ってもらう必要がありません。

そのため、空いたボトルを置いておくスペースを確保する必要がなく、なくなったらすぐに捨てて新しいボトルに交換できるのが大きなメリット。

また、ワンウェイ方式の不用品回収は、サーバー本体の衛生が保ちやすいと言われており、定期メンテナンスを行わないメーカーがほとんどなので、メンテナンスの回数をできるだけ少なくしたい人におすすめです。

 

リターナブル方式のボトル・宅配の特徴

リターナブル方式(リターナブルボトル)は、空になったボトルを引き取ってもらい、ボトルを再利用する特徴があります。こちらは、いわゆる「交換式」タイプですね。

もちろん、回収したボトルは滅菌洗浄してから再利用をするので安心して使えます。さらに、ゴミが出ないので環境にも優しく、ワンウェイボトル方式に比べてウォーターボトルにかかるコスト(価格)が安価というメリットがあります。

しかし、回収のルールやボトルの洗浄方法はメーカーによって異なるため、契約前にあらかじめ確認しておきましょう。

リターナブル式はワンウェイ式に比べて比較的安価かつエコなので、価格を抑えつつ環境に配慮したい人におすすめ。また、定期的に不用品回収業者の配達員が家に回収・配達にきてくれるので、不用品回収に関する質問や相談が気軽にできるというのもメリットの1つです。

 

ワンウェイ方式とリターナブル方式のメリット・デメリット

最後に、ワンウェイ方式とリターナブル方式のメリット・デメリットをまとめてみました。

ワンウェイ方式のメリット

・使い切りで衛生的

・空のボトルを置いておく必要がない

・メンテナンスの回数が少なくて済む

ワンウェイ方式のデメリット

・リターナブル方式に比べると割高

・地域によってはゴミの分別が面倒

 

リターナブル方式のメリット

・ワンウェイに比べると価格が安いメーカーが多い

・ボトルを再利用するので環境に優しい

リターナブル方式のデメリット

・空のボトルの置き場所に困る